防災重点ため池ハザードマップとは?

「東日本大震災」、「平成29年7月九州北部豪雨」及び「平成30年7月豪雨」では、ため池の決壊により人命が失われるなど甚大な被害が発生しました。

 決壊した場合に下流への影響が大きいため池を防災重点ため池として、「ため池ハザードマップ」を作成しました。

 ため池ハザードマップは、ため池が決壊した場合、氾濫した洪水がどのような水深で、またどのような速度で広がるのかを氾濫解析シミュレーションによって予測し、浸水区域や洪水到達時間などを表したものとなっています。

防災重点ため池ハザードマップの活用

 ご自宅や通勤・通学経路など、ご自身やご家族の生活場所に浸水被害の危険があることを事前に把握するとともに、避難場所や安全な経路を確認し、非常時の備えに役立てて下さい。

防災重点ため池ハザードマップダウンロード

  惣利田ため池ハザードマップ [ 4749 KB pdfファイル]

  曲田沢ため池ハザードマップ [ 6282 KB pdfファイル]

  猪里沢ため池ハザードマップ [ 3409 KB pdfファイル]

  牛木沢ため池ハザードマップ [ 2902 KB pdfファイル]

 

   ※防災重点ため池がただちに危険であることを示すものではありません

 

【関連リンク】

  ◆ため池(農林水産省ホームページ)

  ◆農業用ため池に関する情報(宮城県ホームページ)