■福祉有償運送について

【福祉有償運送とは】

  介護を必要とする高齢者や障害者など、単独で公共交通機関の利用が困難な移動制約者を対象に、NPO等の非営利法人が自家用車で行う運送サービスです。平成16年3月、国土交通省から示されたガイドラインに基づき、自治体が主宰する運営協議会の協議を経るなど、一定の手続き及び条件のもとに道路運送法の許可を取得することが可能になりました。しかし、この取扱いは例外的な許可であり、安全・安心な旅客運送サービスの普及が促進されるよう、平成18年10月に道路運送法の改正が行われ、登録制による自家用有償旅客運送の制度が新設されました。

 

【運営協議会とは】

 単一または複数の市町村が共同で主宰し、福祉有償運送の必要性や利用者の安全と利便の確保の方策を協議するために設置されます。松島町は周辺市町村(塩竈市、多賀城市、富谷市、利府町、七ヶ浜町、大和町、大郷町、大衡村)と共同で『仙台北地区福祉有償運送市町村共同運営協議会』を平成17年10月12日に設置しました。(事務局は1年毎の輪番制です。)新たに福祉有償運送事業を始めようとする団体や、有効期間の更新を受けようとする団体は、運営協議会での協議を経たうえで、国土交通省への登録手続きを行うこととされています。詳細は、下記の仙台北地区福祉有償運送市町村共同運営協議会設置要綱、及び協議会の概要をご覧ください。

仙台北地区福祉有償運送市町村共同運営協議会設置要綱.pdf [ 164 KB pdfファイル]

協議会の概要.pdf [ 157 KB pdfファイル]

■運営協議会の開催について

 平成31年度(令和元年度)中に更新登録を予定している事業者について運営協議会において協議し、合意を得る必要があるため、令和2年1月22日(水)に、運営協議会を開催しました。会議録を以下に公開いたします。

令和元年度仙台北地区福祉有償運送市町村共同運営協議会会議録.pdf [ 249 KB pdfファイル]