大高森 「壮観」

松島の対岸・宮戸島のほぼ中央にある高峰で、山頂からは360度の展望がすばらしく、荒々しい嵯峨渓と穏やかな松島湾を望めます。はるか南方には夕日にけぶる蔵王連峰の雄姿が望める。
松島の形状を箱庭のように見られることから、壮観と言われています。
■野蒜駅からタクシーで10分。徒歩1時間。
■野蒜駅から大高森入口までウォーキングトレイルが整備されています。
■地図

 

富山 「麗観」

全山が杉や松、モミの大木に覆われ、山頂には奥州三観音のひとつ、富山観音があります。
その庭からは静寂の趣の中で松島を大観できます。東南西の三方が一望でき、明治9年には、明治天皇も登られたことのある由緒ある場所です。
■陸前富山駅から徒歩30分。
■地図 

多聞山 「偉観」

七ヶ浜町の北端・代ヶ崎の断崖からは、太平洋から打ち寄せては砕け散る波が眺められ、その雄大さから偉観と呼ばれました。また松島の島々を背景にして、塩釜港に出入りする大小の船舶の往来も楽しめます。
■本塩釜駅より町民バス「ぐるりんこ」菖蒲田経由君ヶ岡公園行き、仙台火力前下車、徒歩約10分。

■地図

扇谷 「幽観」

双観山の背後にある高地で、山頂からは松島湾の入り江が扇のように浮かんで見えることから、扇谷と呼ばれています。頂上の藩主の茶亭跡では、楓が訪れる人々に風情をかき立ててくれます。
■松島海岸駅から徒歩20分。
■地図