医療を受けたときの負担金、払い戻し・入院時の食事代について 

どこでも医療を受けられます

 被保険者証で、受診できる医療機関であれば、どこでも医療を受けられます。
お医者さんにかかるときは、被保険者証を提示してください。

 

医療を受けたときの負担金

 外来で医療を受けたときの負担金は、所得に応じて医療費の1割または3割の負担となります。 

あなた(世帯)の所得 医療機関の窓口での自己負担の割合と限度額(1ヶ月あたり)
一定以上所得者 例えば単独世帯で年金収入のみ年間約383万円程度以上の方 医療費の3割
ただし、入院は80,100円+(入院総医療費-267,000円)×1%まで。
一般 上記収入程度以下の課税世帯 医療費の1割
ただし、入院は44,400円まで。
適用区分Ⅱ 適用区分Ⅰ以外の方 医療費の1割
ただし、入院は24,600円まで。
適用区分Ⅰ 住民税非課税世帯で、例えば単独世帯で年金収入のみ年間約80万円以下の方 医療費の1割
ただし、入院は15,000円まで。

(注1) 一定以上所得者とは、単独世帯で収入額383万円以上、被保険者2人以上世帯で収入額合計が520万円以上の方。
(注2) 適用区分Ⅰとは、世帯主および世帯員全員が住民税非課税で世帯の所得が0円の方。例えば単身世帯で年金収入のみの場合、年間80万円以下の方。
(注3) 一般とは、上の一定以上所得者、適用区分Ⅱ、適用区分Ⅰに該当しない方。
(注4) この基準の適用は平成18年8月1日からとなります。

所得区分 自己負担限度額
外来(個人ごとに計算) 外来+入院(世帯単位で合算)
一定以上所得者 44,400円 80,100円+医療費が267,000円を超えた場合は、その分の1%を加算。  *(44,400円)
一  般 12,000円 44,400円
適用区分Ⅱ 8,000円 24,600円
適用区分Ⅰ 8,000円 15,000円

 ※( )内は、過去12ヶ月間に4回以上高額療養費の支給を受ける場合(多数該当)の4回目からの限度額です。
ただし、被保険者以外の人との世帯合算は行いません。

 

高額療養費の申請手続き

はじめてのときは、通知書をお送りしますので、次の書類を持って申請してください。

  •  お送りした申請書、被保険者証、印鑑(朱肉を使用するもの)
  •  通帳等(金融機関の口座情報が分かるもの)
  •  被保険者のマイナンバー通知カードもしくはマイナンバーカード(顔写真付)

 ※被保険者本人以外の口座に振込みを希望する場合には、被保険者からの委任状が必要となります。

 ※お手続きをご家族の方が代理で行われるときは、代理の方の身分証明書もお持ち下さい。

一度手続きをすると、高額療養費に該当するたびに自動的に振り込まれます。

 

入院時の食事代等について

 入院した時の食事の負担は、1食単位の負担です。(平成28年4月1日施行)

入院時の食事代の標準負担額(1食)
一般、一定以上の所得のある方 360円
*適用区分Ⅱ 90日までの入院 210円
90日を超える入院(過去12ヶ月の入院日数) 160円
*適用区分Ⅰ 100円

 *に該当する方は「限度額適用・標準負担額減額認定的証」が必要となりますので、申請してください。