後期高齢者医療制度の対象となる方について

75歳以上の方と、一定の障害のある65歳から74歳の加入を希望される方です。
75歳になるとそれまで加入していた医療(国民健康保険・健康保険組合・共済組合など)から移行し、原則的にすべての方が後期高齢者医療制度に加入します。

 

後期高齢者医療制度の被保険者となるとき

 75歳の誕生日からこの制度の被保険者となります。(加入手続きはいりません)

  • 一定の障害がある65歳から74歳の方は、広域連合に申請し加入を認められた日から被保険者となります。

 

一定の障害のある65歳から74歳の方が後期高齢者医療制度に加入しようとするとき

 障害の状態を明らかにするための障害年金の証書、障害者手帳(身体・療育・精神)または医師の診断書等を添えて、市役所の窓口に申請してください。 

 

●一定の障害とは、下記のいずれかに該当する場合です。

種別 等級
身体障害者手帳 1級から3級、4級(音声機能障害、言語機能障害、下肢障害1号、3号、4号)
療育手帳 A
精神障害者保健福祉手帳 1級、2級
障害基礎年金・障害厚生(共済)年金 1級、2級

 

手続きについて  

こんなとき 持参するもの いつまで
町内で住所を変更したとき 健康保険証、印鑑、減額認定証(お持ちの方) 14日以内に
転出されるとき 健康保険証、印鑑、減額認定証(お持ちの方) 転出の前日まで(医療費負担区分証明書を交付します。)
転入されたとき 印鑑、前住地での医療費負担区分証明書 14日以内に
亡くなられたとき 健康保険証、印鑑、減額認定証(お持ちの方)会葬礼状、喪主の方の通帳、 14日以内に
65歳から74歳の方で身体に障害がある方(身障1から3級、4級の一部) 社会福祉事務所からの通知等、身体障害者手帳、健康保険証、印鑑、 随時
入院するとき(適用区分Ⅰ・Ⅱに該当する方) 健康保険証、印鑑 入院前日までに(減額認定書を交付します。)
交通事故のとき 交通事故証明書、健康保険証、印鑑、第三者行為による被害届 保険診療を受ける前に