平成29年度町民税・県民税の申告相談は、松島町文化観光交流館にて別記日程 のとおり実施します。
 今回の確定申告から、社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)の施行に伴い、個人番号の記載が必要となり、申告者の個人番号が確認できる書類と身元確認ができる書類の添付が必要となりますので、ご注意ください。
  申告相談会場は毎年非常に混み合いますので、混雑の緩和のためにも、地区の割当日に申告相談されますようお願いします。
 なお、当日は、申告相談を出来る限り迅速に行えるよう、下記の注意事項にご留意の上ご来場いただきますよう併せてお願いします。
 
*塩釜税務署でもマリンゲート塩釜 [69KB pdfファイル]  
 にて平成29年2月16日(木)より申告相談を実施いたしますのでご利用ください。
 

 

1.申告をしていただく方

○平成29年1月1日現在において松島町に住所を有している方で、平成28年1月1日から12月31日の間で、給与・年金・事業・農業・不動産業等の所得がある方

   ただし、次の方を除きます。

(1)給与所得のみの方で、勤務先で年末調整を行い、給与支払報告書が町に提出されている方                                                                     なお、年末調整を行った方でも、医療費控除等の適用を受けようとする場合や、年末調整の控除内容と異なる方、また、給与所得のみの方でも2カ所以  上の事業所から給与の支払いを受けている場合などは申告書の提出が必要となります。

(2)税務署に確定申告書を提出された方(e-Taxでの申告も含みます。)

(3)所得が公的年金のみの方で、年金支払者へ提出している「公的年金等の受給者の扶養親族等申告書」の内容と相違がなく、かつ、所得の控除を受ける必 要のない方(所得税については、公的年金の収入金額が400万円以下で、その他の所得が20万円以下の方は確定申告が不要ですが、医療費控除等の各種控除を適用し、所得税の還付を受ける場合等は確定申告が必要となります。また、町・県民税については、公的年金以外に所得がない方は、申告が不要ですが、医療費控除等の各種控除の適用を受けることができる方が申告しない場合、これらの控除が適用にならないため、町・県民税の額が前年度より高額になる場合があります。)

 

○収入がない方や遺族年金・障害者年金のみの方でも、下記に該当する方は申告が必要です。

(1)国民健康保険、後期高齢者医療保険に加入されている方、介護保険の第1号被保険者(65歳以上)の方及び同じ世帯の方                                                                                                               申告がない場合、国民健康保険税、後期高齢者医療保険料、介護保険料の軽減措置を受けることができません。

(2)児童手当・保育所入所・町営住宅入居を申請する方や町営住宅に入居されている方                                                                                                                              申告がない場合、申請時に必要な所得証明書、又は非課税証明書を発行することができません。

 

2.申告相談会場で申告相談ができるもの・できないもの

【申告相談会場で申告ができるもの】
平成28年中(平成28年1月1日から平成28年12月31日まで)の確定申告のみ

【申告相談会場で申告ができないもの】
次の申告を行う場合は、他の収入と併せて塩釜税務署(会場:マリンゲート塩釜 [69KB pdfファイル]  )で行ってください。

(1)青色申告
(2)平成28年分所得以外(過年分)の申告

3.申告相談の日程について

 行政区毎に、地区割日を指定させていただいております。
 申告会場の混雑緩和のためにも、地区の割当日に申告相談されますようお願いします。また、インターネットを利用して申告ができるe-Taxや、塩釜税務署(会場:マリンゲート塩釜 [69KB pdfファイル]  )での申告もご利用ください。
   分離課税所得(土地・株等の譲渡所得・配当所得など)のある方は、1件の申告に時間がかかり、地区によっては待ち時間が長くなる場合があります。期間中(2月16日~3月15日)は、塩釜税務署(会場:マリンゲート塩釜 [69KB pdfファイル]  )でも受付をしていますので、そちらもご利用できます。


4.申告相談時間について

 通常受付日と休日受付日の申告相談時間は、午前9時~午前11時・午後1時~午後3時までとなっております。
 また、3月2日、3月9日に限り、午後5時~午後7時において、夜間の申告相談を行います。
   例年、休日の申告相談日や夜間の申告相談日は申告会場が非常に混み合いますので、あらかじめご了承願います。
 

5.申告相談時にご持参いただくもの等

申告をされる方全員(個人番号関係) [94KB pdfファイル] 

農業所得の方 [168KB pdfファイル]  

漁業所得の方 [175KB pdfファイル]   

・その他事業所得者(営業所得の方 [175KB pdfファイル] 不動産所得の方 [143KB pdfファイル] )の方

給与・年金所得のみの方で申告をする方 [112KB pdfファイル]

・ 住宅借入金等特別控除を受ける方 [108KB pdfファイル]   

   住宅借入金等特別控除を受ける際の必要書類 [117KB pdfファイル]  

※複数の所得がある方は、それぞれの持参物を確認願います。

※おむつ代について医療費控除を受ける場合は、主治医が発行するおむつ使用証明書等(1年目用 [7KB pdfファイル]2年目以降用 [5KB pdfファイル] )が必要となります。(発行に際しましては、主治医へお問い合わせください。)

6.その他

申告相談期間中は、会場が大変混み合います。
あらかじめご了承いただくと共に、地区の割当日に申告相談されますようお願いします。                                                                  また、収入や経費のわかる書類や領収書等は整理し、その金額を計算の上申告相談されますよう併せてお願いします。 

 

※平成23年分から平成27年分の所得税の確定申告(または更正の請求)にて、災害(東日本大震災等)により被害を受けたことによる控除(雑損控除)を申告した結果、所得から控除額が引ききれず、平成28年分にその控除額が繰越しとなった方は、昨年の申告時等に渡された次の書類を必ずご持参ください。

・確定申告にて雑損控除を申告された方:平成27年分の所得税の申告書(損失申告用)「第四表」、及び平成27年分の所得税の申告書(損失申告用)付表「第四表付表」

・更正の請求にて雑損控除を申告された方:平成27年分所得税の更正通知書