災害により世帯主が1ヶ月以上の負傷をしたときや、住居や家財に大きな被害を受けた場合、一定所得以下の世帯の方は生活の再建に必要な資金の貸し付けが受けられます。

 

貸付限度額・対象者

〇世帯主に1ヶ月以上の負傷がある場合

 ・(1)当該負傷のみ:150万円

 ・(2)家財の3分の1以上の損害:250円

   ※被災した住居を建て直すにあたり、住居の残存部分を取り壊さざるを得ない場合等特別な事情がある場合:350万円

 ・(3)住宅の全壊:350万円 

 ・(4)住居の全壊:350万円

 

〇世帯主に1ヶ月以上の負傷がない場合

 ・(1)家財の3分の1以上の損害:150万円

 ・(2)住居の半壊・大規模半壊:170万円

   ※被災した住居を建て直すにあたり、住居の残存部分を取り壊さざるを得ない場合等特別な事情がある場合:250万円

 ・(3)住居の全壊((4)の場合は除く):250万円

   ※被災した住居を建て直すにあたり、住居の残存部分を取り壊さざるを得ない場合等特別な事情がある場合:350万

 ・(4)住居の全体の滅失または流出:350万円

 

〇所得制限

 

世帯人員 市町村民税における前年の総所得金額
1人 220万円
2人 430万円
3人 620万円
4人 730万円
5人以上 1人増すごとに730万円に30万円を加えた額

※ただし、その世帯の住居が滅失した場合にあたっては、1270万円とする。

 

その他

詳しくはこちら:宮城県ホームページ