制度の内容

 固定資産税が固定資産課税台帳に登録された所有者や価格等に基づいて課税されることから、登録された事項を所有者の方に見ていただいて、あらかじめ課税内容をご確認いただき、資産の評価が適正かどうかを判断していただくための制度です。

 

縦覧帳簿による縦覧

 土地または家屋を所有する納税者は、縦覧帳簿によって所有する資産と同一区域内にある土地の価格または家屋の価格とを比較することができます。

 【期間】    4月1日から5月31日(土・日・祝日は除く)

          午前8時30分から午後5時15分

 【場所】    財務課税務班

 【対象者】   町内に土地または家屋を所有する納税者

 【必要なもの】 印鑑・身分証明書

 【手数料】   無料

 

固定資産課税台帳の閲覧

 固定資産(土地・家屋・償却資産)を確認することができます。

 【期間】    随時(土・日・祝日は除く)

         午前8時30分から午後5時15分

 【場所】    財務課税務班

 【対象者】   町内に土地・家屋・償却資産を所有する納税義務者           

 【必要なもの】 印鑑・身分証明書

 【手数料】   1件につき200円
         ただし縦覧期間中は無料

  ※代理人がご覧になる場合は、委任状(任意様式)が必要です。