【目的】

 平成15年に発生した宮城県北部連続地震では、松島町でも木造住宅や道路等に多の被害を受け、また、非常に高い確率で発生する宮城県沖地震においても、大きな被害が想定されています。

 このような現状を踏まえ、松島町では来るべき宮城県沖地震への備えと共に、二度と北部連続地震のような被害を出さないために、町民が一致団結して、世代を継続して地震に強いまちづくりを行うことに取り組みました。

 この取組の特徴は、単に地震に強いまちづくりを行うのではなく、そのまちづくりを世代継続させることにあります。
親から子へ、子から孫へと継続させ、世代で途切れることのない減災への取組を行うものです。
 そこで、平成16年に「松島町世代継続する地震に強いまちづくり検討会」を設置し、この取組を継続的に行っていく事としました。検討会の設置にあたっては、宮城県建築物等地震対策推進協議会(会長:田中礼治東北工業大学教授)のご協力を頂きました。
 

【検討会の構成】
 検討会は、まつしま防災学を推進する「教育部会」、地震に強い観光地づくりを推進する「観光部会」、若者参加型自主防災組織を推進する「自主防災部会」の3部会で構成されます。
 
 【きんとうんの活動】

 防災学習グループ「きんとうん」は、世代継続する地震に強いまちづくりの一環として結成された松島中学校の課外活動グループです。
平成16年に、「まつしま防災学」で学んだ耐震診断の知識を活かし、自分たちの力で木造住宅の簡易診断によって、自分たちの町を地震に強いまちにすることができるのではないかと考え、集まってできたグループです。


 主な活動内容は、各地区の自主防災組織主催の耐震診断学習会に参加したり、地元専門家と一緒に木造住宅の耐震診断を実施しました。また「耐震診断してほしいマップ」や「被災住宅早見回りマップ」などを自主防災組織と共に作成しました。

 このような活動を通して、中学生も自主防災組織で活躍できることを提案し、世代を超えた防災への取組を実践しました。
 

 

 「きんとうん」と取組が評価され、平成16年に「第9回 防災まちづくり大賞 消防科学総合センター理事長賞」及び「子どもぼうさい甲子園 優秀賞」を受賞しました。
  各地区の自主防災組織に参加し、木造家屋の簡易耐震診断講習会に参加し、大人達と地震防災について交流を深めました。
 講習会では、地震発生の仕組みや耐震診断の必要性について学んだ後、実際に簡易診断を実施しました。
  学校で行った木造住宅簡易耐震診断授業から得た知識を活用して、地元建築専門家と一緒に地域の木造住宅の簡易耐震診断を行いました。
 このような防災ボランティア活動を通じ、地震に強いまちづくりへの社会貢献を実施していきます。

  学校で勉強した木造住宅の簡易耐震診断及び建築専門家から教えられた防災知識を活かして、次の3種類の防災マップ作成を行いました。
(1)耐震診断してほしいマップ
(2)被災住宅早見回りマップ
(3)避難経路マップ

 それぞれのマップについて、対象地区を実際に歩き、1981年以前の住宅や危険箇所などをマップに記載していきました。
 また出来上がったマップの実施検証も行いました。災害時要援護者を想定し、車いすや担架での運搬、老化模擬体験装具などを使用し、様々な検証をしました。
 これらの活動により「自分たちが自主防災組織に参加して、組織の中で定着する」ということに関して大きな意義がありました。
 


 「松島町世代継続する地震に強いまちづくり検討会」活動報告概要

   クリックすると拡大

「松島町世代継続する地震に強いまちづくり検討会」活動報告概要 [516KB pdfファイル]